6月3日舞踊の中で使うパネル字と、蝶々夫人がピーカートンに書いたであろう手紙を書きました。

昨日は、6月3日の私のひとり芝居「出雲の阿国」と舞踊「蝶々夫人」の中で使うパネル字と、蝶々夫人がピーカートンに書いであろう手紙を縮緬の布に、墨で書いておりました。どんな効果が生まれますか!?

1 thought on “6月3日舞踊の中で使うパネル字と、蝶々夫人がピーカートンに書いたであろう手紙を書きました。

  1. いつもながら美しい筆文字で感服しております。手紙の布は舞踊の際に身に纏われるのでしょうか。蝶々さんの想いがより一層感じられそうです。楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です